teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


群馬ツーリング

 投稿者:グリメタ1300  投稿日:2017年 6月29日(木)22時48分14秒
返信・引用
  群馬ツーリングお疲れ様でした!
初めて榛名山を走りましたが、楽しいですね!
BBQご馳走様でした!
とても美味しかったです!
またよろしくお願いします。
 
 

群馬trg

 投稿者:ぶびお  投稿日:2017年 6月26日(月)22時18分28秒
返信・引用
  → たっきー夫妻さま

コース設定および先導車、BBQご準備などなど、
本当にありがとうございました!

trgスタートから雨も上がり、山と湖の心地よいワインディングを堪能しました。
楽しかったです。

そして、とろける牛肉も最高でしたね!
鳥めし弁当も初めて食べましたが美味でした。
ガッツリ食べて帰りは睡魔との闘い・・・。
でも、また食べたい!

→ 参加のみなさまへ

いろいろお世話になりました!
おかげさまでリフレッシュできて、よい休日になりました。
またよろしくお願いいたします。

 

初夏のイベントは

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 6月26日(月)16時18分54秒
返信・引用
  FIAT FESTAに続き昨日の群馬ツーリング無事終了しました
企画、参加の皆さん有難うございました。

夏が過ぎるとスグです!
RIUNIONEは今年も体育の日連休、10月8-9日
山中湖で皆さんをお待ちしています。
 

群馬ツーリング

 投稿者:taki@群馬  投稿日:2017年 6月25日(日)23時10分15秒
返信・引用
  ツーリングお疲れ様でした。
BBQ手際が悪くご心配かけ申し訳ないです。

雨でバーキンでの参加は断念しましたが、その後は涼しく良かったです。

今回は間に合いませんでしたが、新たなルートを考えています。
ちょっと距離が長くなりますが、次回はそちらのルートで。

写真をいくつかアップしておきます。

 

(無題)

 投稿者:黄色ベルトーネ ヒデキ  投稿日:2017年 6月25日(日)18時39分39秒
返信・引用
  先程、無事に帰還いたしました。
本日は、楽しい走行会ありがとうございました。
美味しいBBQを用意していただいた奥様、はじめ皆様に感謝です。
また、よろしくお願いいたします。
 

(無題)

 投稿者:黄色ベルトーネ ヒデキ  投稿日:2017年 6月25日(日)06時05分47秒
返信・引用
  おはようございます。
初めて、参加させていただきます。
本日、ACJ 是枝会長と2名乗車にて参加します。
国立を7;00に出発します。
よろしくお願いします。
 

trg

 投稿者:ぶびお  投稿日:2017年 6月24日(土)23時21分10秒
返信・引用
  たっきーさん
ルートをありがとうございます。
見られました!
明日はよろしくお願いします!

 

明日のルート

 投稿者:taki@群馬  投稿日:2017年 6月24日(土)20時52分9秒
返信・引用 編集済
  明日はよろしくお願いします。
ルートは一昨年と同じく、榛名山を裏から上り、
高速で太田桐生インターへ向かいます。

榛名山の裏側までのルートを
google マップのリンクを入れておきます。(見れるかな?)

残念ながら、朝方小雨の予報です。
先導車は屋根付きにするかもしれません。

https://www.google.co.jp/maps/dir/%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85%E3%81%93%E3%82%82%E3%81%A1,+%E3%80%92377-0204+%E7%BE%A4%E9%A6%AC%E7%9C%8C%E6%B8%8B%E5%B7%9D%E5%B8%82%E7%99%BD%E4%BA%95%EF%BC%92%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%98%E2%88%92%EF%BC%91/36.5449928,138.80293

 

明日は

 投稿者:赤ダラ  投稿日:2017年 6月10日(土)16時17分19秒
返信・引用
  エントラント組は関越道下り上里SAに5:00に寄り
朝食取ってから会場入りします。
ちょっと早いですが渋滞を避けてのんびり行こうと思います




 

今週末は

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 6月 6日(火)16時46分42秒
返信・引用
  FIAT FESTAです 24回目なんですねー
クラブブースにて皆様のお越しをお待ちしています
道中気を付けていらしてくださいね!
 

車高調

 投稿者:ボストン  投稿日:2017年 5月14日(日)16時12分53秒
返信・引用
  KONI製のX19用の車高調キットが販売されました。
 

フロートの件

 投稿者:aniyan  投稿日:2017年 5月 7日(日)21時03分31秒
返信・引用
  何度も書き込み、失礼いたします!

なんだかんだ検索して、なんとかそれらしい情報を得ることができました!
それをもとに、調整してみたいと思います。
ありがとうございました。

https://blogs.yahoo.co.jp/panya1962

 

フロート調整

 投稿者:aniyan  投稿日:2017年 5月 6日(土)00時55分8秒
返信・引用
  諸先輩方々・・・・連投になっちゃってすみません。

この土日に、DCNFをシングルで搭載しようと思っており準備を進めているのですが、
DCNFの油面は、どこを基準に どれくらいに調整すればよいのでしょうか?

現在、キャブカバーをおおむね垂直にした程度で、フロートクリップがバルブを押さえたところになっています。
純正キャブの場合、マニュアルによると、バルブを押さえた時点でフロート上面とキャブカバーの隙間が、
「6.75~7.25mmのあいだ」と記載されているようなのですが
このDCNFの場合も、それと同じような感じでしょうか?
現状だと添付写真のように フロート上面がキャブカバーよりも上になっちゃってますから
もっと下げないと、油面が上がり過ぎている・・・と考えています。

WEB上で、DCOEの場合は フロート上面からカバーまでの隙間が「8.5」という記載を見つけましたが、DCNFでも、それと同じでOKでしょうか?

ちなみにキャブは「X1/9で使用していました」と言うことで 2年ほど前に入手したもので
フロートに、クッキリと液面の跡が残っています(笑)
このままだと、液面はカバーから15mm、16mmくらいの位置となるかもしれません
(バルブセットは新品交換したので微妙に変化があるかも?)

そんなこんなで、、、、油面調整、ご教授願いたく よろしくお願いいたします。

https://blogs.yahoo.co.jp/panya1962

 

Re: いいですね~

 投稿者:aniyan  投稿日:2017年 4月 2日(日)23時19分43秒
返信・引用
  > No.2285[元記事へ]

FKRさんへのお返事です。

アドバイスありがとうございます!
バイクキャブの流用は、セッティングパーツの無い、「車種専用純正キャブ」を選択した時点で
困難であることは わかってたものの、、、、
やっぱ、、、 なかなか 難しいもんですね~~ !
特に、ニードルで行き詰まってしまいました。
4本を同じように研磨する マシンのようなゴッドハンドが欲しいです(爆)

「DCNF」の純正マニへの取り付けですが、やっぱり混合気の偏りが発生しますか!
実は、マニとキャブの間に挟み込む、インシュレータもどきを作りまして
それと合体させて、リンケージの事とかを思案しているときに、そこに気づいたんですが
そればっかりは、どうしようもないというか、わざわざマニの中に「出っ張り」を作って
わざと流路を「矯正」変更させるなんてこと やらないんだろうな?と スルーしとりました(笑)

なんてことを言ってるうちに、、、、
専用マニを入手してしまったんです。完全に予算オーバーたったので、
キャブ本体のOHをセルフでやらなくてはならなくなりましたが・・・(涙)
そんなこんなで、、、シングルウエーバー化が かなり現実的になってきました!!!!
・・・と、今度は、、、2、3番に偏りが発生するかもなんですか??? (;´・ω・)
アルミの10mm板で、インシュレータもどきを工作しましたので
それを2枚重ねることで、ポートの分岐位置から バタフライまで少し距離が取れるので
多少、ましにはならないでしょうか?

大御所の皆様が、20年前にさんざん 遊んでこられたところを
こらからヨチヨチ歩きで 進んでいこうか・・・ってな新参者ですが
どうぞ、これからも、見捨てずにヨロシクおねがいいたします。

でもせっかく 頑張ってきたので、捨てがたいんっすけどね、、、今のも・・・(悩)

https://blogs.yahoo.co.jp/panya1962

 

Re: リターン

 投稿者:aniyan  投稿日:2017年 4月 2日(日)22時26分43秒
返信・引用
  > No.2284[元記事へ]

事務局さんへのお返事です。

ありがとうございます。
最後の1行に すべてが詰まっておりますね!
素人のわたしが、ゴソゴソ いじくりたおしていて
これでOKだと思い込んでいるけど、じつは「希薄燃焼」だった!!
自分でも、そこが一番怖くて、なんとかしなくちゃと思いつつ試行錯誤しています(笑)

でも、、正直に申し上げますと・・・・
たかが通勤やドライブ程度で、そんなに上まで 回すことないんですけどね~~ ( ̄▽ ̄;)
基本的に、、、なんとかいたわりつつ、、、壊さないように 頑張ります!!!

あ、、、昨秋、、クラッチやタイベルの件、、、教えてもらいながら
まだメンテせず、、、放置したままです!
そっちが優先っすよね !!! (反省)

https://blogs.yahoo.co.jp/panya1962

 

いいですね~

 投稿者:FKR  投稿日:2017年 4月 2日(日)18時43分3秒
返信・引用
  頑張ってますね!
色々見させていただきましたが、
燃料自体の供給が足りてない可能性は高いです。
二輪用のキャブレター流用に関してのアドバイスとしては、基本でリッター以上の排気量のもので、加速ポンプを持っている強制開閉タイプを使うのが良いと思います。
負圧式のベンチュリーを持つタイプは、スロットルが開いた後に負圧でもう一つのスロットルをコントロールするようなものですので、ラフな操作や微妙な過渡特性は吸収してくれますが、その分レスポンスや瞬間の供給量に優れません。これは二輪と四輪の重さの違いによって更に顕著になるため、二輪用の流用においては出来る限りの容量確保をする意味でも最大クラスのキャブレターが必要でしょう。
また、重さの違いから四輪では想像以上に加速に際しての燃料が必要ですから、ニードルのテーパーも特性が合わない場合が多く、極力セッティングパーツの豊富な汎用タイプを使うのが良いですね。そして加速ポンプは必ず必要でしょう。急加速状態での空燃比はメーターの範囲外まで濃い数値でも普通です。
以前X1/9にFCRを着けた経験からすると、スモールボディとラージボディとありますが、スモールボディでは全く話になりませんでしたので除外してお話ししますが、ラージボディでもフロートのバルブシート径は最大を選択して更に加工して拡大しました。そもそもの供給量を確保出来ない限りセッティングになりません。フロート室容量も小さいためアダプターを製作して容量を更に稼いだ記憶があります。燃圧も規定の0.1kのところに0.2kをかけていました。燃圧調整のレギュレーターにはリターンを取っていますが、キャブレター側のリターンは当然無しです。リターンを取った場合は流れてはいますが、よほどリターン側を絞らない限り圧力としては掛かりませんので、全開で息継ぎします。これはウェーバーのツインでも同じです。
ニードル式のキャブレターは吸い出し効率が良いためフロート室にガソリンが無くなってもポンプから来たガソリンを直ぐに吸い出してある程度走ってしまうので、メインジェットとニードルのテーパーの関係もあまり関係無くなってしまいますから、セッティングに行き詰まることになるでしょう。負圧式ベンチュリータイプのキャブレターでは更にエンジンの要求に対してインマニ内の空気が足らなくなって初めて負圧が起こりベンチュリーを開かせる構造ですから、そのあたりは空気量も比較的コントロールされてスムーズに感じたり、空燃比にも表れにくく、ハマり易いといったところです。
FCRで言えばニードルの太さや角度、クリップの段数を超える分のストレート部の長さなどの組み合わせでは1万種類を超えるパターンが可能なため、セッティングにおいては問題無いように思いましたが、実際に入手できる種類としてはそう多くなく、その他は特注となり100本単位という現実的でないものです。
FCRはスロットルがスライドバルブですから、良く言えば可変ベンチュリー、そして全開時にはほぼ口径通りで、ウェーバーのようなインナー及びアウターベンチュリーのように妨げの無い効率的なキャブレターですので、もちろん全開域のパワー感は良かったです。しかしながら、パーシャル域ではスライドバルブ下に発生する乱流がポート内の効率を悪化させるため、過渡特性に優れず、最終的にはバタフライ式の方が用途的には良かったように思います。
私の場合、入手可能なほぼ全てのニードルを用意して、特性に合いそうなテーパーの種類を何とか限定してそこから詰めていきましたが、苦労して取付けてセッティングして、はたしてウェーバーより良いかと言えば一長一短がありますし、エンジン要求に合わせるのがセッティングですから、キャブレターでパワーアップするものでもなく、いずれにせよエンジンありきと考えれば、エンジンの方を真剣に作った方がいいと感じます。
現在ではスライドバルブ式のスロットルはほとんど使われていません、またバタフライ式に戻っています。オートバイもインジェクション化されている昨今では、エンジンが空気を吸い込む力を利用してガソリンを吸わせる機構の必要がありませんから、流体効率的にバタフライ式が一番だというところです。それでも二輪のような超高性能NAエンジンでは何らかの二次的ベンチュリーを持たせて出力や特性を穏やかにし、危険を減らしています。キャブレター時代の負圧ベンチュリーも同様で、全ての人に乗り易くさせる為です。

もう一つ、ノーマルインマニ加工によるシングルウェーバーの縦置きですが、どちら向きに置いてもバタフライは横方向に開くので、パーシャル時にはバタフライがインナーベンチュリーからのガソリンを横方向へ流してしまい、1.2番側、もしくは3.4番側へ偏って流してしまい、薄い側と濃い側ができてしまいます。全開では均等にいきそうですが、DCNFの場合ではフロート室側にGがかかった状態でフロートの動きが悪くなり、コーナーで息をつくことになるでしょう。これは横向きに置くことで改善しますが、インマニの設計次第では今度は2.3番ばかりに流れ易くならないような配慮をお勧めします。前側にフロート室がくる場合も、下りの激しいブレーキGで一瞬燃料が来なくなることがあり、ヒールアンドトゥーでのシフトダウンの際に吹けないという症状は起こり易いかもしれません。
ツインキャブレターの場合はフロート室の容量が倍になるので比較的そういった症状は出にくいものです。
また基本的にはノーマルキャブレター以外の汎用キャブレターは、1気筒あたり1つのベンチュリーを持たせる考えなので、ジェットセッティング等もかなり常識外れなものとなりますので、エマルジョンチューブの選択も特殊な番手となりますし、メインジェットや加速ポンプの番手も存在する番手の範囲を超える場合は拡大するなりの加工が必要かもしれません。
ガソリンが供給されるニードルバルブも、シングルでの使用ですと同様に考えた方が良いでしょう。
シングルウェーバーもFCRももう20年くらい前のプライベーター時代の経験です、懐かしいです。少しでも参考になれば…。

しかしとりあえず今お使いのキャブレターのフロートバルブとバルブシート径の見直しをしてみる価値はあるかと思いますよ。重い物を動かすには、より多くのエネルギーが必要ですし、回転馬力よりもトルクが重要ですから、そもそもの二輪と四輪のエンジンの考え方の違いはその重量の違いです。これを頭に入れてセッティングしていくと良い方向にいくでしょう。
よくあそこまで走るように頑張ったと思います。
趣味の世界ですから存分に楽しんでください。
 

リターン

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 4月 2日(日)16時05分8秒
返信・引用
  ノーマルの機械式ポンプは回転数が上がると吐出量や圧も上がるため、オーバーフロー防止にリターンを取っています。
電磁ポンプへの変更の場合、キャブレター用ポンプでは、ホーリーなどの大容量タイプ以外であれば一定圧でセルフレギュレーター機能を持っていますのでリターンは不要でオーバーフローも起こらないでしょう。しかしこれは一般的な四輪用のキャブレターの場合で、二輪用のキャブレターでは、ガソリンの供給をタンクからの自然落下を基本として考えてある場合は、それよりも低い燃圧にする必要があるかもしれません。
電磁ポンプを使ってリターンを取っても、ノーマル程度のエンジン出力では何も問題は起こりませんが、エンジンのチューニング等を行っている仕様では高回転での燃料不足が発生しますので、基本的にはリターンはとらないほうが良いでしょう。
高回転の燃料不足状態で無理にエンジンを回そうとした場合には当然ながら異常燃焼が起こり、エンジンブローにつながりますので注意が必要です。
 

Re: 電磁ポンプ・金と銀

 投稿者:aniyan  投稿日:2017年 4月 1日(土)12時26分24秒
返信・引用
  > No.2282[元記事へ]

まにあのガレージさんへのお返事です。

アドバイスありがとうございます!
今回、リターンを閉じるか狭くしてフロートバルブにかかる
圧の変化を試そうと思っているんです。
所詮テストなので、費用はかけないで(笑)

以前、違うポンプで運用していた時(リターン無)
そのポンプはフロートが上がると動作が緩慢になっていくタイプでした
ポンプの位置が運転席に近かったので、アイドリングから高速道路まで
ずっと作動音が聞こえていたんです。
アイドリングだと、4秒に1回、「カチッ」
発進すると、「カチッ、カチッ、カチッ、、」てな具合です。
80~90kmで定速運転の時は、1秒に1回くらいでした。
https://www.youtube.com/watch?v=w9C1dW-ariE

https://www.youtube.com/watch?v=B-hbRGv0yok
↑↑この動画で、騒音の中、カチカチ音が微妙に聞こえてます(笑)

ズバっと踏み込んで加速中となると、さすがに ポンプさんも悠長なこと
言ってられんのでしょう、チチチチチチチ・・・・なんてことになってました。

加速中、フロートは若干下がり、その隙間からガソリンが供給され続けて
バランスしていると考えると、、、、今現在よりも、多少なりとも圧が上がると
フロートの下がり具合も減るんじゃないかな? と考えてみたんです。
燃料供給が遅れない って言う意味でです 。

テスト目的は、不要な油面の低下防止・・・・なんです。

でも、アドバイスを読み、ひとつづつ作動状況をを妄想しつつ 考えるとwww
そんなに 変化がないかもしれませんね、、、、、

やはり、色々とご意見を聞かせていただくのは大事ですね!
もう少し、色々と悶絶してみます、ありがとうございました!

https://blogs.yahoo.co.jp/panya1962

 

Re: 電磁ポンプ・金と銀

 投稿者:まにあのガレージ  投稿日:2017年 4月 1日(土)10時31分25秒
返信・引用
  > No.2281[元記事へ]

aniyanさんへのお返事です。

リターンをつぶすメリットについて私は解りません。
デメリットしか思い付かないので、逆に教えて頂きたいと思います。
今の(インジェクションの)車だってリターンしているかと思います。

ガソリンの必要量は、アイドル消費量<高回転消費量<ポンプ流量
であれば良いのであって、余剰分がタンクに戻ることになります。

上記が成立していれば、キャブの場合のガソリン消費量は、
流入空気に見合った量を霧吹きするジェットの穴(番手)で決まります。
その使用するガソリンは、フロート室に貯められた物で賄われます。
(キャブの調子とポンプは分けて考える、と言うことです)

キャブがガソリンを消費するとフロートが下がってドアを開ける事で、
フロート室へガソリンが流入し、フロートが上がってドアを閉め、
を繰り返して液面を(厳密に言えばある範囲で)一定に保つ事をしており、
ここに(ガソリンが流れる最低圧は必要ですが)ポンプ能力としての最高圧力は
必要ありません。必要なのは流量です。
リターンをつぶす=ロック圧力=最高圧力を求めている、と言う事とは違いますよね。
さらに言うと、ドアを閉め様とするフロートの浮力に反発する力が強くなる訳ですから、
液面レベルが上がります。

ポンプに話を戻しますが、
インジェクションの場合は、ポンプ圧によってノズルからガソリンを噴霧させ、
その必要量をコンピューターで制御しています。
つまり求められている役目が少し違うので、ポンプにはキャブ用とインジェクション用
があります。ホースにもキャブ用とインジェクション用があります。
そのニスモタイプはキャブ用でしょうか?
もし、インジェクション用で(リターンがあればさほど問題無いとは思いますが)
リターンをつぶした場合、ホースがキャブ用のままだったら、圧力に耐えられず
ホースがはねますよ。

電磁ポンプの構造は、ピストンの往復回数は一定で、出口側の圧力が高くなるに伴い
内部スプリングの反発力が負けてきて、ストローク(吐出量)が減ってきます。
つまり、ロック圧になるとビビビと微動状態にはなるが動作回数は変わりません。
正規のストロークで動かない時間が長くなりますから、シリンダーの段付きが
生じるなどの悪影響⇒ポンプの寿命に影響すると思います。

以上は自論も含み、間違っている部分もあるかもしれませんので、
参考程度で試行錯誤しながら「くるまいじり」を楽しんでください。
 

Re: 電磁ポンプ・金と銀

 投稿者:aniyan  投稿日:2017年 3月31日(金)11時48分56秒
返信・引用
  まにあのガレージさんへのお返事です。

電磁ポンプをOHされているネタでしたので、質問させてください。

現在、1500のキャブに、ニスモタイプの電磁ポンプを使用しております。
ガソリンラインは、リターンをとってあります。(往き8Φ  還り6Φ)
キーをオンからエンジン始動させると、常時「ぶ~~~~」と
ポンプが作動し続けております。
当たり前ですが、アイドリングでも「ぶ~~~」、、、、
走行中も「ぶ~~~~」てな具合です。

そこで質問なのですが、、、、
キャブのフロートが上がり満タン状態でも作動し続けるポンプは
リターンを取らない場合でも、問題は無いのでしょうか?

それとも、リターンを取らない経路にする場合は
ミツバのポンプのように、配管内の圧力が上昇すると(ポンプの規定圧)
徐々に止まるようなスタイルのポンプを使うほうが良いのでしょうか?

・・・と言うのは、今搭載しているキャブがちょっと特殊で
あれやこれやと悪戦苦闘しているのですが(本人は楽しんでるつもりです笑)
このところ、高回転時の「油面」に疑問を抱きはじめてるもんで、、、、
テスト的に、リターン経路をプラグしてやろうかと思っているような次第です。
ただ、常時運転のポンプでリターンを取らないと
長時間のアイドリングなどで、ポンプ内部に何がしかの影響が出るのなら
別のタイプのポンプを用意しないといけなくなります。

そんなこんなで、アドバイスいただけると ありがたいです
よろしくお願い致します。




http://blogs.yahoo.co.jp/panya1962

 

レンタル掲示板
/112