teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


shizukaさん>

 投稿者:(ΦωΦ)  投稿日:2006年 7月11日(火)09時43分24秒
  科学的観点から人間を考える、という事が色々進んできている昨今、何故理屈じゃないと言い切れるのでしょうか。
確かに理屈では説明が出来ないことはまだまだたくさん有りますが、科学者の方々は日々頑張っている事でしょう。
何故それを全て否定されるのでしょうか。
あなたが説明出来ないからといって、理屈が無いと決まっている訳ではないと思いますが。

そして、私の子供時代の話ですが、特別辛い訳では無かったと思いますが。
一応こうして生きていますから。
夢中になれる事?趣味なら色々有りますよ。金銭的な面から、必ずしも満足している訳ではありませんが。

そして、一つ意見させて頂きますが、心理学の歴史は他の学問より浅く、まだ百年の歴史しかないそうですが、それでも百年です。
昨日今日に出来た訳では在りません。
あなたが何年生きて居られるか知りませんが、その百年の歴史より重みのある人生を歩んで居られると、何故簡単に断言出来るのでしょうか。
百年分より重みのある経験とは?それこそ文字通り人生を賭けた研究もあった事でしょう。
あなたはその百年分以上の発見でもされたのですか?ニュートンやアインシュタインのような大天才の類ですか?
もしそうなのであれば、心から謝罪致しますが、軽軽しく科学者を馬鹿にするともとれる発言を公共の場でされる事は控えられた方が賢明かと思います。
 
 

(無題)

 投稿者:shizuka  投稿日:2006年 7月11日(火)09時04分41秒
  (^^)
理屈じゃないですから
いくら考えてもわからないと思います
失礼ですが、つらい子供時代を送ってこられたんではないでしょうか?
幼子の心を大人になった今、
再経験され、(子供の頃、こんなことをしてみたかったとか、なにかに夢中になってみるとか)あらゆることを経験と驚きで満たされると違った視点で物事が見られると思います
それは、テクニックや、心理学以上の重みがありますよ
これは、わたしの経験からですが
 

んじゃ、それで良いんじゃないの?

 投稿者:さすらいのハムスター  投稿日:2006年 7月11日(火)07時10分50秒
  本をたくさん読まれたほうが知識として知りたいのであれば向いていると思いますけど??

>今現在幸せでは在りませんが、感情的に生きていた頃よりは色々とマシですよ。

今の方が良いのであればそれで良いじゃないですか。人の話を聞くより知らない事も色んな本が出ているので本を読まれたほうが良いと思いますよ(^^)

私は、今の生き方が良い。(ΦωΦ)さんは今の生き方が良い。それで何の問題も無いじゃないですか(^^)
色んな考え方、生き方があっても良いと私は思ってますので(^^)

でも、一言言わせていただければ、私の目から見れば(ΦωΦ)さんの発言は矛盾だらけのように感じるんで、色々言わせていただいていたのですが、今の方が良いのであれば、それでも良いのでしょう(^^)

どこがどうと言うのは一つの矛盾をあげただけでも反論で返ってくると思いますので、言いませ~ん(^^)

ってか、そんな事どうでも良いじゃん♪自分が良いと思うのが一番♪
心配ない問題ない、ないないザッツオーライ♪

幸せは今感じられていなくても自分が良いと思う道を歩いてればいつか感じられるものだとも思いますよん。ま、こんな話聞かなくっても良いってば(*^^*)ゝ

逃げるのは嫌だったのでここまでお付き合いさせていただきました。でも、お互い、自分の生き方で良いって事で私の中では丸く収まってるので、もう、何も言う事はございません(^^)

お互い、自分の幸せの為にこれからもがんばっていきましょう~(^o^)/
 

(無題)

 投稿者:(ΦωΦ)  投稿日:2006年 7月10日(月)19時53分59秒
  〝気が合う〟と〝気を合わせる〟では意味が違いませんか?
何故同じになるのか分かりません。
進行形と完了形では同一の意味にはならないと思います。
そして、〝気を合わせる〟という言葉は、無理して合わせているようなニュアンスもあるかと思います。
〝気が合う〟だとナチュラルな印象を受けますね。主観的な感想を加えれば。

>気があうから好感が持てるんだと思います
と仰られますが、そう思わせるテクニックだそうです、という事ですね。
相手に類似性があると思わせ、気が合うんだな、と思い込ませ、好感を持たせるテクニックらしいです。上記の様に、無理に相手に合わせるという事ですね。
余談ですが、他にも類似性に訴えかけるテクニックは色々あるようですね。

>チームワークを必要とするスポーツや武道では基本中の基本
とありますが、基本、ならば練習する筈ですね。意識しなくとも出来る様になるまで。
心理学的テクニックと知らなくても、それが基本としてある以上、練習は欠かせないでしょう。
スポーツや武道には練習(修行)は付き物ですからね。

以上の事から、〝呼吸を心に置き換えてみても同じ事が言える〟という事であれば、違う言葉であるなら、意味は同じではないという事になりますね。
 

訂正

 投稿者:shizuka  投稿日:2006年 7月10日(月)13時40分5秒
  最後の気は呼吸の間違いでした
失礼
 

(無題)

 投稿者:shizuka  投稿日:2006年 7月10日(月)13時37分8秒
  どちらも同じ「気をあわせる」ということ
気があうから好感が持てるんだと思います
心理学のテクニックということですが、
心理学を学んでいない人でもなにげなく行なっていることです
チームワークを必要とするスポーツや武道では基本中の基本
意識的にテクニックとして使おうとするとかえって難しく
わたしはそれを心理学テクニックとして知った時
「呼吸?息遣いを合わせるって、すご~く気になって相手の話なんて聞いてるどころではない」
と思いましたが
いかがでしょう?
気を心に置き換えても同じことが言えると思います
 

呼吸を合わせる?

 投稿者:(ΦωΦ)  投稿日:2006年 7月10日(月)12時53分31秒
  心理学の類似性のテクニックですか?
相手の呼吸するタイミングに合わせて呼吸するという…
そうすると好感が得られるというテクニックの事でしょうか?

それとも〝呼吸が合う〟という言葉の事でしょうか。
それでしたら、〝気が合う〟という言葉と同じような意味だと認識をしております。
 

さすらいのハムスターさん>

 投稿者:(ΦωΦ)  投稿日:2006年 7月10日(月)12時48分44秒
  >男性は、肉体的な痛みに強い反面・・・女性は肉体的な痛みに弱い反面・・・

この記述についてですが、女性の方が男性より肉体的な痛みにも強いと思いますよ。
お産の時の痛みを男性に与えると、ショック死するらしいので。

>女性は現実的、男性は夢みがち

という記述についてですが、現実的であれば理論立てて物事を考えるかと思いますが。
夢見がちならば、スピリチュアル的なものが好きで、空想好きで、、、という事になるのではないでしょうか。
例の挙げ方が正しい所、矛盾している所がある様に思います。断定的とかそういう事でなく。
片方で肯定、片方で否定では、どっち?という話になりますよね?
そういった所で判断がし難いのですよ。

>女性は、理性的な考え方も意見のいいあいも好みません。

これは男女関係無いかと思いますよ。個人の価値観ですから。
むしろ、多くの男女が好んでいないでしょう。

それと、〝惚れる〟と〝愛する〟は違う事だと思いますよ。
惚れるのは相手の事知らなくても出来ますから。
〝一目惚れ〟みたいに。
あの文章に入れるべき言葉は〝愛する〟が妥当ではないでしょうか。

後、今現在幸せでは在りませんが、感情的に生きていた頃よりは色々とマシですよ。
 

(無題)

 投稿者:shizuka  投稿日:2006年 7月10日(月)11時42分25秒
  テレパシーとかなにか訳の解らない世界とかとは違って
誰でも、知らず知らずのうちにやっていることです
「呼吸を合わせる」ということばがありますが
このことば、どう受け止められますか?
 

う~ん。

 投稿者:さすらいのハムスター  投稿日:2006年 7月10日(月)10時37分37秒
  考えてる事、(ΦωΦ)さんと同じ(似たような?)感じですけどね。
今までの自分は決して対等な存在ではなかったのだろうし。

だから、今、努力しているんですよ。甘えてた事に気が付かなかったほど、べったべったの甘ちゃんでしたから(^^;)これは以前も言ったかも知れませんが・・・

気持ちは(ΦωΦ)さんも十分、分かり合おうと努力もしているとも思いますし、決して間違いでもないと思います。

以前流行った『話を聞かない男 地図が読めない女』でしたっけ?男の脳と女の脳はすでに作りとして違うので感じ方(考え方)が違うとの話で・・・

人間と言う種として見れば分かり合えるものでしょう。同じ感情や理性を持っている。でも、考え方は皆それぞれ違う。だから分かり合えない。

その差を埋めるのが仰るように努力だとも思うのですが、(ΦωΦ)さんは、男の方だと思うのでお気づきかどうか分からないのですが、女性と言うものは占いや、スピリチュアルな精神的なものを多くの方が好まれます。少なくとも、今現代の日本では。

価値観も時代や環境によって変ってきます。昔は男の方でも占いで吉凶を見て色々なものを決めていました。

自分が信じられるものだけを見る、信じられる物だけを受け入れるというのは、それを信じている、あるいは大切にしている人の事を拒絶しているという事ではないかと思います。

私は占いもスピリチュアルなものも好んではいませんが、それが好きって人はそれでも良いと思います。但し、本人がそれで幸せだというのであれば。悩みや苦しみがあるというのであれば、その占いやスピリチュアルなものを大切にする意味が分かりません。ただの甘い言葉で逃げているようにしか思えません・・・好きで幸せであるならばそれは素晴らしい事だとも思います。私の基準は相手がその行動を取っていて幸せなのかどうなのか。です。

(ΦωΦ)さんにもお聞きしましたよね?で、幸せでないってお答えでしたので、私は否定した訳なのですが(後、自分の拒絶反応もあったのかも知れません、その節はすみませんでしたm(__)m)(ΦωΦ)さんが、そのお考えで幸せであると言うのであれば・・・または、幸せになれるのであれば、私は、それで良いと思います。

考え方も、とても共感できますし。でも、先ほども言いました様に、人間としては理解しあう事は出来ても男と女としては考え方が全く違うので、こんな考え方もあるよって言うのではなく、女と言う考え方をただ受け入れる事しか男と女が分かり合える事は無いとも思います。

考え方は素晴らしいけど、付き合う気にはなれない、許せるけど、好きにはなれないそんな感じなのかも知れませんし・・・

お互い相手の良い所も悪い所も知った上で受け入れてくれる相手であれば、男も女も惚れるのでは無いでしょうか?幻でも、ほんとの意味で同じ気持ちかどうかは分からなくても、『恋愛は勘違い(誤解)の連続だ』って誰かが言っていたように思います。

勘違いが嫌であればずっと夢の中をさすらうのも良い。勘違いであっても、人を好きになる心地よさや、幸福感を味わえる。私は、妄想だと言われても、この現実の心地よさが欲しいです。相手を見ていないと言われるかも知れませんが人間だけじゃなく生き物全ては個です。1つで終わり。円のようなものかも知れません。

でも、人との触れ合いは嬉しく幸せなものだとも思います。

女の子の多くは感情に任せる人が多いのでは無いかとも思います。男の人は理性的に行動しやすい。
昔は女性が家族を守らなければいけなかった。男は狩をしてきて家族を養わなければいけなかった。何も無い時代家族を守る女は人と付き合わなければ一人の力では家族を守れなかった。男は集団で動く事もあっても、その多くは餌の奪い合いになる他者と行動を共にするより個人で狩に出かけたりする。

今でこそ、男、女の役割の境目はなくなってきつつありますが、でも、女性にしか子供は産めない事は変わりがありません。社会が変ろうと、普遍的なもの。何千年と培ってきた男と女の役割がたった数十年で変るものなのでしょうか・・・?
生まれもって子供を生むという(肉体的に産める産めない関係なく)事に耐えられる精神力を女性は生まれながらに持っているみたいです。

女性は現実的、男性は夢みがち(表現の仕方ど忘れ(^^;))
女性は、なんだかんだ言って精神的に強いものだと思います。心を第一においても、傷ついても泣く事が出来ると言うのは大きな助けでもあると思います。

反対に男性は、精神的に脆い。だから、心よりも理論を第一に置く。なぜならストレスに弱いから。現実の中にいながら夢を見ていなければ耐え切れないから。

実際、自殺者の数を見られたらお分かりかと思います。女性の数よりもはるかに男性の数の多い事。男性の場合は一発で確実に死ねる方法を選びます。本当に希望をなくし、現実に疲れた人は。それだけ男性は女性より心の痛みには弱いものでは無いかと思っています。

男性は、肉体的な痛みに強い反面・・・女性は肉体的な痛みに弱い反面・・・
男と女の話し方、考え方が違うのは当然なんですよ。

女性は、理性的な考え方も意見のいいあいも好みません。全てとは言いませんが・・・
男性が感情的で意見を交わす前に逃げる相手の事を良いと思わないように・・・

お互い自分を主張すれば、分かり合えないのも当然ではないでしょうか?『ケンカ両成敗』って言葉知ってますか?どっちもどっち。だから、こうして書いている私も悪い。お互いさま。あと、相田みつおの「せともの」って詩でどっちかが柔らかくなればぶつかっても壊れることは無い。って。両方かたいせとものだからぶつかれば壊れるって。ああ、そうだなぁ・・・って私は思います。

私が柔らかくなれれば問題は無いのに。かたい自分だから壊れる。だから人間関係は難しい。柔らかくなるまでが難しい。でも、努力はし続けるべきだと思う。正直付き合いきれない人間もいるけど、そう言う人間とはぶつかりたくも無いからさっさと無視しちゃうけど(^^;)

壊れる事を恐れててもダメだと思う。壊れるのは自分の器だとも思う。器が壊れれば次は今までより大きな器を作ろうとする。でも、大きな器を最初から作る事も又難しい。何度も壊れて、何度も壊せばだんだん器を作るのも上手になっていくんじゃないかなぁ・・・って思う。

ぶつかるのはshizukaさんの言うように、近くにいる(ある)からかも知れませんね。茶碗だって、一メートル先の茶碗は見えてても、わざわざぶつけに行こうなんて思いませんし(^^;)近くにあるから、近くに置こうとするからカチャカチャぶつかったり、重ねようとするからぶつかったり・・・なんにせよ、動かそうと行動に移さなければぶつかる事も無い。と私は思ってます。

中に、断定的な表現があったらすみません。なんにしても例外や、少人数と言った反対部分は必ずあると思っていますので多くの場合はや多くの人はって事です。
 

レンタル掲示板
/25